腸内洗浄のリスク

2009年7月 6日 09:05 | コメント(0) | トラックバック(0)

腸内洗浄には様々なメリットがありましたが、良いところばかりではありません。腸内にチューブを挿入して行う為、腸内に傷がつき感染症を引き起こす可能性もあります。また、体調が思わしくない人や、妊娠中など腸内洗浄を行っては行けない人がいることも忘れてはいけません。

腸内洗浄を頻繁に行うことで体が慣れてしまい、腸の自発的な排便ができなくなってしまうこともあります。逆に、洗浄用コーヒーなどの刺激物を使って行った場合など、過敏になった腸が一日に何度も便意を催し、トイレから出られなくなってしまう場合もあります。

腸内洗浄を自宅で手軽に行う器具も販売されていますが、間違った知識で手軽に行い、後で病院に通うことになっては意味がありません。こうしたリスクを踏まえた上で、腸内洗浄を行うことが大切です。

便秘解消の目的に腸内洗浄を行う人が多いですが、もともと腸の活動が低下しているところを強制的に活動させるので、洗浄行為をやめてしまうと便秘が更に酷くなるケースもあります。腸内洗浄に依存しない為にも、洗浄行為とともに日常の食生活を改善するなどの努力も必要です。

腸内洗浄のリスクを減らす為にも、医療機関や医師免許を持つエステなど専門の施設で行い、金額や体調管理など十分に相談した上で、計画的に行いましょう。

 

 千年未来  梵珠百水  銀河水  コントレックス
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

腸内洗浄を取扱う施設
腸内洗浄は主に医療機関ですが、すべての医療機関で行っているわけでは有りません。大腸検査を行っている胃腸科や消化器科、また、妊娠中の深刻な便秘に対応する産婦人科など腸内洗浄の必要性を考えている医療機関が、取扱っています。
腸内洗浄の価格
腸内洗浄を医療機関で行う場合、保険適用外のため全額自己負担となります。腸内洗浄を行っている医療機関は、消化器科や肛門科、産婦人科あるいは胃腸科などがあり検査の一環として行っている所もあります。
腸内洗浄の方法
一つは、自宅で専用キットを使用して行う方法、二つ目は、プロにお任せする病院やエステサロンなどで行う方法、三つ目は、サプリメントを摂取する方法です。
自宅で腸内洗浄
自宅でも気軽に腸内洗浄ができます。コロンキットと呼ばれる専用の医療機器があり、洗浄液を入れるバックとホース、パイプとワンタッチ液止めクリップ、ジョイントがセットになっています。
腸内洗浄の体験談
腸内洗浄の感想で一番多いのが、「便秘が治った」というものでした。自宅で洗浄をおこなっても、医療機関等で行っても便秘解消の効果はあるようです。
腸内洗浄のリスク
便秘解消の目的に腸内洗浄を行う人が多いですが、もともと腸の活動が低下しているところを強制的に活動させるので、洗浄行為をやめてしまうと便秘が更に酷くなるケースもあります。
腸内洗浄のメリット
慢性の便秘で苦しんでいる人は、体内に3~5㎏の便が溜まっているといわれていますので、それを排出するだけでもダイエット効果は期待できます。
腸内洗浄の効果
腸内洗浄は、慢性の便秘で悩んでいる人の、体臭や口臭の問題も解決してくれます。腸内で溜まった便が毒素を出し、血中から全身にその臭いまで運んでしまいます。腸内をキレイにすることで、毒素の発生を抑え臭いの元を断ちます。
腸のトラブルと腸内洗浄
日本人は元来、米を就職に魚や根菜、海藻などを食べてきた人種なので、欧米人より腸が長く便が滞りやすいのです。
腸内洗浄とは
腸内洗浄とは、その名の通り腸内を洗浄することです。洗浄用の専用器具を使用して、盲腸がある大腸の奥まで洗浄します。排便を促進する浣腸とは違い、腸内を洗い流しますので宿便を取り除く効果も期待できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt.dt25.net/mt-tb.cgi/130

コメントする